自作味噌の応用の方法は様々

サイトマップ

トップバナー

自作味噌の応用

料理中

いろんなレシピに応用

オリジナルの味噌も、完成してしまえば、いろんな料理に使うことができます。 毎朝のお味噌汁にも使う家庭は多いと思います。市販の味噌では味わうことの出来ない、 ご家庭の味がこういった形で出せることは、とても素敵なことだと思います。 その点では、塩麹も、いろんなレシピに応用できます。

サラダなどの、ドレッシングも塩麹を使えば、洋風ドレッシング、和風ドレッシング、 両方を、作ることが出来ます。塩麹で作ったドレッシングは、野菜にかけるだけでは なく、パスタなどにも使えるになるでしょう。それから、ご飯のお供にもなる、ラー油、 ゴマ、醤油などと混ぜてしまえば、ペースト状のおかずとしてもお勧めです。

田舎の風景

スローライフも魅力的

ご飯に乗せるほかに、お肉、野菜などと、使える幅広いものになるでしょう。 オリジナル塩麹があれば、お料理の幅が広がっていくでしょう。 オリジナル味噌を隠し味に使う人も増え続けているようですので、 こういったオリジナルの調味料を使う時代が、また巡ってきたのかもしれません。 いろいろと便利になる世の中ですが、反対にこういったスローライフも魅力的ですよね。

老後は田舎に移住、自給自足で生活したいというような人が年々しているのは、 昔を思い出す気持ちがあると思います。だけど、昔の日本人の姿を欲しているという気もします。 我々の祖母の時のように、自給自足をする、そんな文化が語り継がれ、 続いていることは日本の歴史を継承していくのにも良い兆候でしょうね。 まず第一歩として、オリジナル味噌、オリジナル塩麹など、手の届く所から、スタート してみませんか?

高血圧をおさえる味噌

元気な人

味噌汁を接種せずに減塩するよりも、高血圧をおさえる味噌を摂取したほうが、全体で 考えても身体には効果的だということわかります。オリジナル味噌にはまっている方は、 そのおいしさも魅力的ですが、味噌の栄養価が高いとこにも注目しているはずです。 普段は不足してますが、マグネシウム、カリウムなども、味噌汁で接種が可能です。

例を出せば、マグネシウムが蔓延的に欠乏していると、不整脈が続いて、最悪、突然死 になってしまう場合もあります。それらを予防してくれるのも、1日1杯の味噌汁なので、日本食が 体に良いと言われるのも納得できますよね。

ポイント 健康づくりには味噌汁が手軽ですが、味噌を使ったいろんなメニューもネット上 で見ることが出来るので、皆さんにも、味噌を使ったレシピ増加に協力してもらいたいと思います。 そして、料理をされるみなさんには、その味噌をオリジナルで自分で仕込む、自家製味噌にも挑戦して欲しいですね。 我が家でしか味わえない自家製味噌を、あなたの家族が喜んでくれたら作った甲斐もありますよね。

味噌は和風という認識が多いですが、最近は、洋風の料理の隠し味として使われることが多です。 びっくりするようなの新しい料理にも出会えるはずです。その中でも、私のお気に入りは、 味噌のグラタン。味噌と生クリームはとても合います、また、マヨネーズと味噌の相性は以外にも良いです。 マヨネーズもオリジナル、味噌も自家製ですので、完全に手作りなミソマヨができます。マヨラーにはたまらないものですよ。 自分オリジナルの味噌を作ってミソマヨを作成してはどうでしょうか?

自作味噌の手作り方法