必要な道具の準備

サイトマップ

トップバナー

必要な道具

味噌完成品

発酵させることが必要

まず、必要となってくるのが味噌を入れる容器です。自家製で味噌を作る場合には、まず入れ物に入れ発酵させることが必要となってきます。 どれくらいの量の味噌を作るかにも関わりますが、大きさも大切となってきます。 味噌が4kgの場合(4人家族で4ヶ月分)ほど作る場合、ふつう三升かめ(約5.4リットル)以上が適当と言われています。

もしも、手元にかめがない時には、近所のホームセンターなどで売られている味噌専用のものや漬物用の プラスチック製のものを使用するのが適切であるしょう。大は小をかねるってこと(発行する際に膨らむ可能性がある)で、 作ろうとかんがえている味噌の量より、かならず、十分に大きいものを用意することが、大事な容器選びのコツとなってくるでしょう。

ふたイメージ

ちょうどいいサイズのふたを探しておく

それから、もうひとつ必要となってくるのが、カビの発生を抑えるための密封するためにかかせなくなってくる、押しぶたです。 押しぶたは、味噌を容器にいれてしまった後に、上から均等に力が加わるようにしたり、カビの発生を防いだりと大事な役割として 使えるのです。ちょうどいいサイズのふたを探しておくとより効果できでしょう。

また、どうしても、押しぶたが手元にないときには、日常的に使用している鍋のふたなどでも、応用可能ですが、 その際にはなるべくならば、平らなものを選ぶと、よりいい効果が期待でき、好ましい環境ができると思います。 過去につけた、奈良漬やワサビ漬けなどの漬物類で使用した、押しふたを事前に保管しておくといいとおもいます。

他にも必要となってくるのが、重石。この重石については、近くの川などに落ちているもので十分だと思います。 小石などをたくさん拾い集めて、袋にいれてまとめるのも良いと思います。石の重さについてですが、 通常の目安としてあげられるのが、作る予定の味噌の重量の20~40%程度というのが、一般的な重石の重さでしょう。

塩も重しの代用品として可能

もしも、近場に重石として、使えそうな石や小石などが見当たらないときは、スーパーなどで売っている塩を、 その重さに合わせて用意して乗せたりも可能です。このやり方は拾う手間がはぶけるだけではなく、 重さも表示を見ればいいので、家庭で作るならば、とても効率のいいものとなるかもしれません。 石として役目を終えた塩は、あとのお料理などでも使えますし、収納する場所にも困らないでしょう。

塩

茹で時間の短縮が出来る圧力鍋。もしも圧力鍋を使用せずゆでると4~5時間もかかってしまうのです。 しかし、圧力鍋で大豆を煮ると作業がたったの小一時間できます。大豆を潰す際に使う道具はいろいろと 報道されていますが、フードプロセッサーは、地道に時間や手間をそこまでしてかけたくない人には、必須なアイテムでしょう。

最後に味噌作りにおいて、必要な道具をまとめます。まずは、ボウルですが、大豆を浸水させるために使います。 一般的なボウルにいれるとすごいことになるので、必ず余裕が必要となります。そして、大豆がボウルの半分を こえてしまうときは、2つに分けておくことが大切となります。そうしないとあふれたときがの対処が大変なので。

ポイント 次に、圧力鍋です。一度で入る量ではないはずなので、二度にわけて煮るとよいでしょう。 オタマは一般的なもので構いません。あく取りに使います。 フードプロセッサーとキッチンペーパー、焼酎霧吹きとたらいが必要となってきます。  たらいは、直径50センチぐらいあって少し余裕があった方がいいと思います。 あとはネットなどで調べてみるとわかるのですが、方法は他にもありますので、自分がやりやすい方法でやって みましょう。また余計なものを沢山買う必要がないように、家にあるもので出来る方法を探すのもよいです。

自作味噌の手作り方法